東京都で駐車場経営するには!

東京都で駐車場経営を始めたいとお考えの方が増えています。 しかし初めて駐車場経営を始めるには、分からないことや不安なことが沢山あります。 駐車場の経営に関するノウハウから始まり、収益性の問題や固定資産税など税金の問題、経費やランニングコストなど分からない事ばかり! ネットで調べても、東京都という地域性まで考慮した回答は見当たりません。

使ってない空き地を活用して駐車場にしたい!
放置している空き家を解体して駐車場にしたい!
相続した土地を短期間だけ駐車場にしたい!

でも分からないこと!不安なこと!ありますよね。

  • 狭い土地でも駐車場経営はできるのか?
  • 手持ちの資金が少ないけど大丈夫だろうか?
  • 使ってない土地を短期間だけ駐車場にしたい!
  • はじめての駐車場経営だから運営ノウハウがない!
  • 駐車場経営は本当に儲かるのだろうか?
  • 運営コストや収益性を知りたい!
  • 固定資産税はどうなるの?
  • 駐車場経営のメリットとデメリットは?

詳しくはコチラから

このような疑問を専門家に無料で相談できるサービスをご存知ですか?

駐車場経営をするにあたり、知っておきたいこと!運営に必要なノウハウ!をいちいち調べていては時間が、いくらあっても足りません。 駐車場経営の専門家に尋ねるのが最も早くで分かりやすいのです。

⇒ 無料相談はコチラから!



駐車場経営を始める3つのポイント

駐車場経営を始めるにあたり外せないなポイントがあります。

【1】実際の土地を使って駐車場を設計すること!

投資コスト運営コストを算出するにも、実際の土地の大きさや形に基づいた
駐車場の設計プランが無ければ正確な経営シミュレーションができません。
収益性を検討するためにも駐車場の設計から始める必要があります。
ただし以下のポイントも忘れずに!

【2】地域の状況を知っている地元の業者に頼む!

地元の小さな業者なんか駄目だよ!と思うかも知れませんが、
駐車場経営だけは、地元の事情に精通している業者でなければ
駐車場料金の相場や稼働率、ベストな運営方法を予測できません。

【3】最低でも3社の設計プランと見積を比較する!

実際の土地をイメージして、地元の業者に設計プランを頼むという手順で
最後に抑えておきたいポイントが3社以上の業者のアイデアを比較することです。
比較することで、よりベストなプランと正確な収益性の予測が可能となります。

このように、あなたが知りたい情報は、実際に駐車場経営を始める土地に合ったものでなければなりません。 どんな土地も、立地条件・土地の大きさ・土地の形が違いますから、 具体的な土地で設計した駐車場プランでなければ、まったく参考にならないのです。

でも面倒くさいなぁ~!

と思われた方は安心してください。

これからご紹介するサービスなら簡単です。

詳しくはコチラから

駐車場経営を始めるために必要な運営ノウハウを無料で提供!

株式会社シースタイルが運営する『スマイスター』という日本最大級の土地活用サイトを使えば、あなたの知りたい情報のほとんどが手に入ります。しかも無料で! (※2017年時点で大手上場企業はもちろん地域密着の優良企業が800社以上参加しています。) このサービスの凄いところは、土地の情報を入力するだけで、駐車場経営プランが手に入ります。

通常であれば、複数の業者に説明するので手間がかかるものですが、

パソコンから情報を入力するだけなので、わずか1分で完了します。

しかも複数の企業へ一括で、駐車場経営プランを依頼できます。

数日以内に駐車場設計プランの概要と見積が届きます。

複数の企業のプランを比較すれば、最安値で最適なプランを選べます。

このように『スマイスター』を使えば、どんなに狭い土地でも、駐車場経営の専門家を知らなくても、あなたに最適な駐車場経営プランを手に入れることができます。 最も気に言った業者へ連絡すれば、さらに詳しく相談に乗ってもらえますので、あなたが気になっている問題もすべて解決することが出来ます。 しかも無料なので使わなければ損してしまうサービスです。 まずはお気軽にお問い合わせください。

詳しくはコチラから

駐車場経営のメリット

初期投資を低く抑えられる

駐車場経営は圧倒的に初期投資を低く抑えることができます。コインパーキング経営であれば、ほとんどの場合、初期費用は0円~数十万円で始められます。

狭い土地や変形地でも活用できる

変形地や狭すぎて活用できそうにない?というような土地でも収益を生み出す可能性があります。土地周辺の環境に適した活用プランがいくつもあります

ノウハウがなくても始められる

駐車場の設計・施工から、運営管理まで行ってくれる会社があるため、駐車場経営のノウハウがなくても始めやすく安定した収入を得ることが可能です。

短期間の運用も可能

駐車場経営は、計画から2週間程度で開始できている事例も数多くあります。また初期投資も少ないので、いざやめようと思った時もすぐに元に戻せます。


放置している空き家を解体して駐車場経営する

親父が他界してから実家が空き家となって15年。

固定資産税をはじめ、交通費や清掃費など
毎年20万円から30万円の維持費がかかります。

建物は築30年を過ぎて老朽化が酷く
庭は雑草で一杯になり手も付けられません。

もう実家に帰ることもないのに
なぜか処分できずに15年が過ぎましたが

でも…もう限界かも?

私は実家を処分することにしました。

しかし実際に処分しようとすると
様々な問題が発生して思うように行きません。
仕事も忙しく時間が取れなくイライラする毎日。

空き家を売却しようと地元の 不動産屋へ査定を依頼しました。

周辺の土地の相場は坪20万前後です。
建物の価値はゼロとしても実家は32坪
あるので600万の価値はあると思いました。

ところが不動産屋の査定額は、たったの220万円!

それは不動産業者が購入した土地を相場で売却するために
家屋の解体、庭の整備、ゴミの撤去などにかかる費用を
差し引いて査定見積をしているためでした。

解体費用ってそんなにかかるの?

疑問に感じた私はネットで解体費用を調べました。
名前と連絡先および物件の住所を入力するだけで
3日以内に3つの業者から解体費用の見積が届きました。

初めて使う一括見積サービスでしたが
あまりのスピーディさに驚くばかりです。

約25坪2階建ての木造家屋の解体費用は
最安値で90万円、最高値で120万円でした。

しかし解体して更地にするのは少し迷いました。

確実に土地が高く売れる保証がないからです。
もし思うような価格で売却できない場合は、
思わぬ負担がのしかかってくるからです。

100万円近い解体費用を支払った上に
土地を更地にすると固定資産税の軽減措置の
対象外になるため固定資産税が6倍になります。

更地にする目的がハッキリしないまま解体するのは危険です!

でも放置することも許されません!

なぜならは空き家対策特別措置法のおかげで
自治体より空き家状態を解消するすか
解体して更地にするか指導されているからです。

そうだ!更地にして駐車場にして収益を得よう!

空き家を解体して土地を高く売却したい!しかし万が一高く売れない時は駐車場経営をしよう。 このような作戦が決まったら、あとは簡単に事が進みました。いくらで売却できるのか? もし気にいった値段で売れなかったら駐車場にして儲かるか?この2つのテーマを『スマイスター』のサービスで解決したからです。

空き地の売却価格を調べる ⇒ 無料相談はコチラから!
駐車場経営の収支を調べる ⇒ 無料相談はコチラから!

Menu

ページの先頭へ